Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

ペトラ(ヨルダン)

   

DSC_6424

 

ペトラは『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のロケ地として有名だが、 砂漠の岩山の峡谷にある巨大な都市遺跡で、岩壁を彫って建設されたエル・ハズネ神殿(高さ40m)をはじめ、多数の住居跡、神殿跡が残存している。

 

ペトラ入場券の2日券を買うか3日券にするか迷ったが、もし天気の悪いところがあったらもう一日見たいので3日券を購入した。 一番有名なエルハズネまではゲートから徒歩で30分ほどかかった。 エルハズネまでの道はスークという両側に岩がそびえたつ狭い道を通っていき、まさにインディージョーンズ気分だった。

DSC_6482

エルハズネはペトラのメインで、高さ40m、幅28mの2階建ての建物風神廟となっており、創建は紀元前1世紀頃、ナバテア王国アレタス3世の妻シャキラットの墓として造られたと考えられている。

 

そこから一番奥にあるエルハズネに似たモナストリーまで徒歩1時間以上かかった。 しかも登りが続きかなり体力を奪った。 しかし、上りきった場所からの眺めは最高だった。

DSC_8533

昼食を食べようとレストランに行ってみると、最低1500円もするので今日は昼食を我慢することにした。
午前中は天気がよかったが午後からは曇ってきて、 時折砂嵐が吹き荒れ、目や耳や口にまで砂が入ってきた。

DSC_8540

夜にはペトラバイナイトというライトアップがあるので再びペトラに向かった。 エルハズネがキャンドルで照らされそこでお茶を飲みながら民族音楽を聴くというものだったが、途中雨も降ってきて終わったあとはみんな帰路を急いでいた。 そういえばヨルダンの旅は天気に恵まれていて、今日がはじめての雨だった。

DSC_6398

翌日、エルハズネを上から見下ろすポイントまで歩いてみた。 そこまで1時間ほどかかったがそこからの眺めは最高だった。

かなり高い地点にあるため、人も遺跡もとても小さく見える。 エルハズネを見下ろしながら早めのお昼ご飯を食べた。

DSC_6514

3日目も起きてみると天気がとてもよかったので、今日もペトラに行くことにした。 朝一で行き、早足でエルハズネを目指したが、一番乗りはできなかった。 しかし、人のほとんどいないエルハズネの写真を撮ることができた。

 

世界遺産情報

 

Petra

登録区分 文化遺産

登録基準 1,3,4

登録年 1985年

 

アクセス

 

アンマンからバスで約3時間で起点となる町、ワディ・ムーサに到着する。ここから遺跡までは約3kmの道のりだが宿はこの町に集中しているので遺跡まではここから通うことになるだろう。また遺跡入口からエル・ハズネまでは徒歩30分、一番奥にあるモナストリーまではさらに1時間近くかかる。ちょっとしたトレッキング程度の装備は必要。

 

撮り方のポイント

 

エル・ハズネ周辺は断崖絶壁に囲まれていて遠景を撮影するのは難しいので広角系のレンズで全体を収めることになる。エル・ハズネは午後は逆光になるため午前中がおすすめ。周りは砂漠で細かい砂が舞っているためレンズ交換はできるだけ行わないようにしたい。

 - 今週の世界遺産