Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

ホッローケーの古い村落とその周辺(ハンガリー)

   

DSC_1837

ハンガリーで最も美しい村と賞される人口300人余りの伝統的な村落。首都ブダペストの北東に位置しスロバキアとの国境にも近い。周辺は山々に囲まれていて自然保護区にも指定されている。

朝8時半のバスでホッローケーに向かった。
世界遺産「ホッローケーの古い村落とその周辺」は、ハンガリーの伝統的な村落の美しさが保存されているところだ。

歴史をたどると中世期にモンゴル人から逃れるために移住してきたのが始まりで後にパローツ人と呼ばれた。今もパローツ語で会話をし、民族衣装や音楽など独自の文化を守っている。

DSC_8449

 

小さな村だったが、なんだかおとぎ話にでもでてきそうな村だった。

DSC_1806

 

訪れたのは7月だったが家先には黄色や赤の花々が咲き乱れていた。

DSC_1823

 

13世紀に建てられた城からは雄大な景色を眺めることができる。

DSC_8462

ここまでの直通バスは一日に一本しかないので、帰りは16時のバスまで待たないとだめだった。
平日は14時なのだが休日は16時になるという。
その分、ゆっくりと一軒一軒の家を見て周ることができた。
地元のおばあちゃんによる民族ダンスも最後にちょっとだけ見ることができた。

DSC_8479

 

 

世界遺産情報

 

Old Village of Hollókő and its Surroundings

登録区分 文化遺産

登録基準 5

登録年 1987年

 

行き方

 

日本からハンガリーへの直行便はなくヨーロッパ各都市または中東経由となる。首都ブダペストからはバスがで約2時間でいくことができるが本数が非常に少ないため(訪れたときは一日1本のみ)。鉄道を使って近くの駅まで行く方法もあるがそこからのバスも本数は少ない。村自体は広くないのですぐに見て回れるが交通のことを考えると丸一日がかりとなる。

 

撮り方のポイント

 

宿泊しない限りは昼間のみの撮影となるためとくに撮影に特別な技術はいらない。スナップ写真を撮りながら散策するのが楽しい。花がたくさん咲いているのでマクロレンズで撮影してもいいだろう。

 - 今週の世界遺産