Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

リガ歴史地区(ラトビア)

   

dsc_0009

 

「ドイツよりもドイツらしい」と言われる旧市街には中世ドイツの商業都市の特徴を持つ建物が数多く存在し、ロマネスク、ゴシック、バロックなどの建築様式が混在している。

 

リガ旧市街はアールヌーボー調の建築が多くみられる。 バルト三国の真珠と呼ばれる港町でもある。

隣国のリトアニアからバスで入国し到着したときには午後10時ごろになっていたが夏のこの時期、日が沈むのは午後11時を過ぎてからだ。

 

この時間からでも夜のリーガの町を見て回ることができた。

 

旧市街はコンパクトにまとまっていて市庁舎広場には有名なブラックヘッドの会館がライトアップされていた。リガのドイツ未婚の商人のためのギルドであったブラックヘッド会館はドイツ軍の攻撃で大破し現在のものはその後に再建されたもの。

dsc_2613

大聖堂には見事なステンドグラスが飾られていた。 教会やギルドハウスなどを見て回ったが、 唯一市街を見渡る1209年に建てられた聖ペテロ教会では72mの尖塔に登ることができ、太陽がでてくるのを待ってから登ることにした。

dsc_0140

また内部には見事なステンドグラスがある。

dsc_0085

旧市街はコンパクトにまとまっていて思っていたよりも早く見て回ることができた。

dsc_0179

世界遺産情報

 

Historic Centre of Riga

登録区分 文化遺産

登録基準 1.2

登録年 1997年

 

行き方

 

日本とラトビアの直行便はなくヨーロッパの都市で乗り継ぐことになる。フィンランドのヘルシンキ経由が便利。バルト三国間の移動はバスが本数も多く便利。

撮り方のポイント

 

特別な装備は必要ないが教会内部を撮影する際には広角レンズがあると広く切り取ることができる。

 - 今週の世界遺産