Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

タリン歴史地区(エストニア)

   

DSC_0593

フィンランドのヘルシンキから日帰りで訪れることもできるエストニアの首都タリン。バルトの窓と呼ばれ多くの観光客で賑わう港町には中世の空気を伝える城や教会が点在する。

 

1200年代からデンマーク、ドイツ、スウェーデン、ロシアと支配が変わる歴史が続いたという。 タリンの町は、バルト三国の町の中でも一番綺麗だった。 まるでおとぎ話の世界が広がっているようだった。

DSC_0519

町の中心はラエコヤ広場で中世には商品の売買、結婚式の行進や時には罪人の処刑も行われた。脇には旧市庁舎が建ちその塔の上からの眺めは最高だ。

DSC_2867

トームペアと呼ばれる展望台からは町全体を見渡すことができる。

DSC_0452

その上には13世紀前半に建てられたトームペア城が建ち、南側には「のっぽのヘルマン」と呼ばれる高さ50mの塔がある。

DSC_2844

 

港には、北欧からの船がひっきりなしに入港している。 ここタリンから、すぐ北のヘルシンキ(フィンランド)までは、わずかに85kmしか離れていないのだ。

 

この町では、展望台の他に教会の尖塔2箇所、そして砦の上にも登って町を見下ろした。 同じ町なのだが、見る場所、高さ、角度によって違った表情を見せるのが面白い。

DSC_0397

世界遺産情報

Historic Centre (Old Town) of Tallinn

登録区分 文化遺産

登録基準 2.4

登録年 1997年

 

行き方

日本とエストニアの直行便はなくヨーロッパの都市で乗り継ぐことになる。フィンランドのヘルシンキからは高速船で1時間半~2時間程度で行くことができ便利。

撮り方のポイント

高い場所から撮影する機会が多く、場所によっては望遠系レンズで切り取るような構図も面白い。夜の撮影も多くなるので三脚は必修。

 - 今週の世界遺産