Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

スオメンリンナの要塞(フィンランド)

   

DSC_0689

フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞で1748年、ロシア帝国に対する守りを目的として建造された。

 

島に上陸してから雲行きが怪しくなり、青空はなくなっていく。 島はかなり広く、見て周るだけでも数時間かかった。

DSC_0604

ここはスウェーデン・ロシア戦争、クリミア戦争、フィンランド国内戦争で重要な舞台となった。

DSC_0627

今は当時の大砲や灯台が残り、博物館や教会、レストランなどが点在し、観光客のみならず地元の人の行楽地となっている。

DSC_0645

途中、第二次世界大戦で実際に使用された潜水艦が展示してあり、中を見学することができた。他にもアーレンスバード博物館や人形とおもちゃの博物館などがある。

DSC_2898

この島には海鳥が非常に多く近づいても逃げなかった。

DSC_0779

 

世界遺産情報

Fortress of Suomenlinna

登録区分 文化遺産

登録基準 4

登録年 1991年

 

行き方

日本フィンランドのヘルシンキへは直行便があり時間もほかのヨーロッパの国に比べ短く便利。島へはマーケット近くのフェリー乗り場から1時間に1~2本の割合でフェリーがでていて15分で到着する。

撮り方のポイント

島は歩いて回ることになるので機材は少な目にしたほうが疲れなくていい。歴史的なもの以外に自然も美しいので天気の良い日を選ぶとより良い写真が撮れると思う。島全体を撮影するならフェリーの上から狙うもいいだろう。

 - 今週の世界遺産