Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

ドロットニングホルムの王領地(スウェーデン)

   

 

DSC_0971

「北欧のヴェルサイユ宮殿」とも称される16世紀に建てられた美しい宮殿

ドロットニングホルム宮殿はスウェーデン・ストックホルム郊外のローベン島にある離宮でフランスとイタリアからの影響を受け16世紀に建てられた。「ドロットニングホルム」はスウェーデン語で「王妃の小島」を意味する。1756年までの間に増築されながら3階建て220室の宮殿が完成した。

DSC_1037

ストックホルムから地下鉄とバスや船を使って気軽に日帰りすることができる。

水面に映り込む姿を捉えたかったが風があったため断念した。

DSC_0944

宮殿正面の噴水はヘラクレス噴水と呼ばれ、彫刻家のデ・フリースが手がけたものだ。

DSC_1025

残念ながら宮殿内部は撮影禁止であったが宮殿入口からは広大なバロック庭園を一望することができる。

DSC_1042

周辺では地元の人々も気持よさそうにくつろいでいた。

DSC_0940

世界遺産情報

 

Royal Domain of Drottningholm

登録区分 文化遺産

登録基準 4

登録年 1991年

 

行き方

ストックホルムには日本からの直行便はなくフィンランドのヘルシンキ経由でいくのがあすすめ。ストックホルムから宮殿のあるローベン島までは地下鉄とバスを乗り継いでいくかフェリーで約1時間で行くことができる。

撮り方のポイント

内部は撮影禁止なので庭園から宮殿を撮影することになる。少し離れた位置から望遠レンズで撮ると圧縮効果を生かした画を得ることができる。秋の紅葉シーズンもおすすめ。

 - 今週の世界遺産