Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

フェズの旧市街(モロッコ)

   

複雑な構造の旧市街地は「世界一の迷宮都市」とも呼ばれモロッコに存在した過去のイスラム王朝の多くはフェズを首都に定めていた

フェズはモロッコ中北部、首都ラパトの東約180kmにある。

9世紀に、モロッコ最古のイスラム王朝を開いたイドリース朝の都として建設された。

メディナの中は本当に迷路のようになっていてちゃんと地図を見ながら来たつもりだが、狭い道に両側にびっしりとそびえ立つ建物が方向感覚を鈍らせた。

メディナとは本来アラビア語で「町」を意味する普通名詞であり、北アフリカなどでは「旧市街」の意味で用いられる。

旧市街東のフェズ川下流の急斜面にはタンネリ(タヌリ)と呼ばれる川染めの工場が置かれ、モロッコ内で最大の規模を誇る。

日が落ちてから再びメディナの迷路に挑戦したがやはり道に迷ってしまった。

世界遺産情報

Medina of Fez

登録区分 文化遺産

登録基準 2.5

登録年 1981年

行き方

日本からの直行便は運航していないので、ヨーロッパ主要都市や中東の都市で乗り継ぎカサブランカから電車やバスで移動(4~5時間)することができる。バスの場合は国営のCTMがおすすめ。

撮り方のポイント

メディナは非常に複雑なのでできればガイドをつけることをおすすめする。スマホの地図アプリなどを使うと個人でも迷わず散策ができるだろう。タンネリ工場を撮影したければ道端で声をかけてくるガイドを雇うことになるが料金トラブルも多いので慎重に。

 - 今週の世界遺産