Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

ザルツブルク市街の歴史地区(オーストリア)

   

モーツァルト生誕の地でありミュージカル「サウンドオブミュージック」の舞台にもなったこの町は、紀元前より岩塩の交易によって栄えてきた

ザルツブルグはバロック都市で、ローマ時代のローマの街の遺跡が残る。8世紀に大司教座となって以来、政治的、文化的にローマ法王庁との結び付きが深く、ディートリヒ、シティクスなど強力な大司教によって今日のザルツブルクが築かれた。

ウルフガング・アマデウス・モーツァルトが誕生した町としても、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の撮影が行われた町としても有名。

新市街にあるミラベル庭園とミラベル宮殿はマリアと子供たちが『ドレミの歌』を歌った場所といわれている。

ゲイライデガッセはドイツ語で「小さな通り」を意味し、その名の通り道幅は狭いが、旧市街のメインストリートだ。

モーツアルトが洗礼を受けた有名な教会. ザルツブルク大聖堂は、ヨーロッパ有数の歴史を誇る大聖堂

ザルツブルクのシンボルホーエンザルツブルク城塞までは、ケーブルカーで登ることができる。城塞からの眺めはすばらしくアルプスの山々との調和がなんともすばらしい。

世界遺産情報

Historic Centre of the City of Salzburg

登録区分 文化遺産

登録基準 2.4.6

登録年 1996年

行き方

日本からの直行便のあるオーストリアの首都のウイーンから鉄道で2時間半程度なので日帰りも可能。またドイツのミュンヘンからもアクセスすることができる。時間があれば宿泊してじっくりと観光することをおすすめする。

撮り方のポイント

城塞から尾根伝いにハイキングルートが整備されておりそこからの眺めがすばらしい。アルプスの山々とザルツブルクの町を撮るのであればぜひ晴天の日を狙いたいところだ

 - 今週の世界遺産