Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

シュコツィアン洞窟群(スロベニア)

   

スロベニアを代表する鍾乳洞で巨大なドリーネ、深さ200m以上・長さ6kmもある地下渓谷、滝、地底湖など壮大な地下空間を有する

スロベニアには1万にも及ぶ鍾乳洞があるといわれている。なかでも、長さ約20mもあるスロベニア最長のポストイナ鍾乳洞と、シュコツィアン洞窟群が有名で世界で最も知られている地下峡谷の1つでもある。

カルストの典型的な例でありその語源にもなった世界的に最も知られた場所だという。ドリーネというのは、空洞が大きくなって表層が崩落してできた陥没孔のこと。

この洞窟はガイドツアーでのみ内部見学が可能で、10時と13時と15時半の一日3回しか入ることができない。(2009年当時)

洞窟の見学には1時間30分かかるが、残念ながら内部は撮影禁止だった。
しかしとても規模の大きな洞窟で、洞窟内部に川が流れている様がすごかった。

長さ約2.5km、高さ約90mという世界最大級の地下峡谷は「ざわめきの洞窟」とも呼ばれている。

レカ河が巨大なドリーネから地下に潜り込んでる様子がわかる。

世界遺産情報

Škocjan Caves

登録区分 自然遺産

登録基準 7.8

登録年 1986年

行き方

日本からスロベニアへの直行便はなくヨーロッパの都市やトルコなどで乗り換えが必要。首都リュブリャナからディヴァーチャ駅まで電車約1時間30分。駅から無料シャトルバスに乗れば約10分で到着する。(取材当時はバスがなく駅から徒歩約50分かかった)

撮り方のポイント

洞窟内部は撮影禁止のため外の遊歩道沿いや洞窟出口付近での撮影に限られる。川が洞窟内に流れ込む様子は遊歩道から撮影することができる。

 - 今週の世界遺産