カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群(コロンビア)

スペイン植民都市時代の堅牢な要塞と美しい建造物群が多く残り「インディアスの真珠」と称えられコロンビアでもっとも美しい港街ともいわれる

カルタヘナの歴史はペドロ・デ・エレディアPedro de Herediaが1533年に上陸したときから始まる。スペイン人によって町が築かれると、南米各地からの物産を運び出す絶好の港として、短期間のうちに大きく発展した。

17世紀から18世紀にかけて繁栄の絶頂期を迎え、現存する遺跡の城塞教会、植民地街等はこの時代のものである。

「サン フェリペ デ バラハス城」16世紀に作られた歴史ある城で、要塞の中を歩くことができる。要塞の上にある展望台からは、壮大なカリブ海やカルタヘナの街の眺望がすばらしい。

カルタヘナ旧市街の周囲は約4kmにわたって城壁に囲まれている。堅固な壁の上は歩くことができ、多くの大砲のレプリカが並んでいるようすを見ることができる。

旧市街の美しいコロニアル調の街並みは見ていて飽きることがない。

世界遺産情報

Port, Fortresses and Group of Monuments, Cartagena

登録区分 文化遺産

登録基準 4,6

登録年 1984年

行き方

日本からコロンビアへの直行便はなくアメリカなどを経由して首都のボゴタに入りそこから飛行機やバスで行くことができる。バスの場合は所要約20時間。

撮り方のポイント

夕日の時間帯にはサン フェリペ デ バラハス城からの眺望が素晴らしい。また日中は街歩きをしながらスナップを撮影するのも楽しい。暑いので水分補給を忘れずに。