Takahiro Sanda Photography

旅フォトグラファー 三田崇博(さんだたかひろ)  オフィシャルページ

*

カナイマ国立公園(ベネズエラ)

   

四国の1.6倍の面積に100余りのテーブルマウンテンがそびえたつ。人類未踏の場所が点在し、世界最後の秘境ともいわれる

この地帯は、プレートテクトニクスの影響をほとんど受けていないため、約20億年前の地質がそのまま残っていると考えられている

公園の北西部には、2,000 メートル級のテーブルマウンテンが連なり、アウヤンテプイがある。ここには世界最大の落差 979 メートルをもつエンジェルフォールがある

しかしそこにたどり着くためにはボートと徒歩で半日ほど必要。

標高差が大きく滝が途中で霧散してしまうため、滝壺が存在しないこともエンジェル・フォールの特徴

エンジェルフォール以外にも起点となるカナイマの近くには滝が点在していてそちらは比較的簡単に行くことができる。

アーサー・コナン・ドイルはこの地を舞台に『失われた世界』を執筆した。

世界遺産情報

Canaima National Park

登録区分 自然遺産

登録基準 7,8,9,10

登録年 1994年

行き方

首都カラカスからプエルト・オルダスまたはシウダー・ボリーバルからセスナ機でカナイマへ。エンジェルフォールズまではそこからボートと徒歩で約5時間かかる。

撮り方のポイント

12月から5月までが乾季で、6月から11月が雨季なので迫力のある滝の写真を撮りたければ雨期明けが天候も安定しているのでおすすめ。

 - 今週の世界遺産