ムツヘタの歴史的建造物群(ジョージア)

グルジア正教会(ジョージア正教会)にとっても重要な地位を占め続けたムツヘタの教会建造物群は、中世コーカサス地方の文化水準の高さや教会建築の様式を伝える優れた例証である

グルジアで最古の教会とされるのが、スヴェティ・ツホヴェリ大聖堂。現在の建物は11世紀に再建されたものだが、イベリア王国がキリスト教化され、聖ニノによって初めて木造の教会が建てられたのがこの場所だったといわれている。 「スヴェティ・ツホヴェリ」という名は、「生きた柱」や「命を授ける」といった意味。

ムツヘティス・ジワリ6世紀に建てられた教会で、「ジュヴァリ」は「十字架」を意味し、この丘に聖ニノが十字架を立てたという伝説にちなんでいるとか。

テトラコンチと呼ばれる四葉型の建築様式はグルジア一帯の伝統的な様式に則っており、ジワリ聖堂を範として建てられた聖堂は国内に多く存在している。

サムタヴロ修道院は、ジョージア王室の戴冠と葬儀が行われる場所でジョージア最初のキリスト教の王、ミリアンと妻ナナはこの場所に埋葬されている。

4世紀に建てられた聖ニノ教会は11世紀にジョージ1世とカトリック総主教メルキセデクによって建て替えられた。

世界遺産情報

Historical Monuments of Mtskheta

登録区分 文化遺産

登録基準 3.4

登録年 1994年

行き方

日本からジョージアへの直行便はなく中東などで乗り継ぐ必要がある。首都のトリビシからは乗り合いバスのマルシュルートカで簡単に行くことができる。

撮り方のポイント

ジワリ修道院は町から離れているのでタクシーを利用することになる。丘から見る景色や教会内部もすばらしくすぐに時間が経ってしまうのでタクシーにはなるべく長い時間待ってもらうように交渉してみよう。