ストゥデニツァ修道院(セルビア)

ストゥデニツァ修道院は、セルビア中央部に位置するセルビア正教会の修道院でセルビア正教会の修道院としては最大級のものである

この修道院は中世セルビア王国の建国者であるステファン・ネマニャが1190年に設立したものである。修道院は城壁で囲まれ、生神女聖堂と「王の聖堂」という、ともに白い大理石でできた二つの付属聖堂を擁している。

13世紀から14世紀にかけてのビザンティン美術の精華と見なしうる美しいフレスコ画群の存在で知られている。

世界遺産情報

NStudenica Monastery

登録区分 文化遺産

登録基準 1,2,4,6

登録年 1986年

行き方

日本からの直行便はなくヨーロッパやロシアで乗り継いで首都のベオグラードへ。 最寄駅のウシェキエ駅までは列車で約4時間。 ウスツェからストゥデニツァ修道院まではバスが出ている

撮り方のポイント

主聖堂内部は撮影禁止のため外観のみ撮影が可能。掲載写真は付帯施設の内装を撮影したもの。